会計ソフトで給与管理する方法って?

同じ会社のシリーズを購入すると良い

経理業務は社員一人でも必要です。給与管理は社員が少なければ手作業でも十分でしょう。しかし増えてくると手作業では難しくなります。管理をするための仕組みが必要になります。経理業務を行うには会計ソフトがありますが、給与管理は何を使って行うかです。一つは表計算ソフトなどを使って自分で管理する方法があります。しかし源泉徴収や社会保険の知識がないときちんと管理はできません。そこで、会計ソフトを販売している会社の商品を利用してみましょう。パッケージソフトを販売している会社であれば、給与管理の専用のソフトもラインナップに揃えています。同じ会社のソフトであれば、画面の雰囲気であったり、文字変換のパターンが似ているので使いやすいです。

ERPであれば全システムを同時に入れられる

会社における業務は、各部署ごとに異なります。第一営業部と第二営業部などなら、同じ営業の仕事なので管理の仕方もよく似ているでしょう。しかし、経理部と人事部、生産管理部などはそれぞれ業務が異なります。となると管理の仕方も異なります。通常はそれぞれで別の管理システムを導入します。経理部なら会計ソフトを導入します。大企業など規模が大きくなると、それぞれの部署の連携が必要になるので、連携しやすいシステムを入れたいケースがあります。会計ソフトを中心としたERPを導入すれば、その中に給与管理や生産管理の仕組みが含まれています。給与管理で計算した給与金額は会計の仕訳でも使われるので連動させるとより入力がしやすくなります。

会計システムとは、商法や会社法など法律で定められている帳票の出力や、税務署へ報告をするための機能が備わっているシステムのことを言います。