会計ソフトの使用方法とは?

会社で利用する勘定科目の設定をして使う

各会社では、それぞれ経理業務が必要になります。経理では、日々の取引を仕訳し、それを集計して必要な会計データを作成します。作成した書類は、税務申告や株主への報告に使います。今は会計ソフトを利用する会社が多くなっていますが、これまで手作業だったとしたらまず何をしないといけないかです。経理業務は各社で大体同じですが、勘定科目はそれぞれの会社で異なります。現金を営業所ごとに分けたり銀行預金を銀行や支店ごとに分けたりしているはずです。これらの設定をしなければ、仕訳をする都度勘定科目を考えなければならず、仕訳の統一性も得られなくなります。勘定科目の設定は、グループごとに設定すると良いでしょう。現金系、預金系などはコードを並べるように設定します。

科目を選択して取引金額や摘要を入力

会社の経理処理は、簿記の法則に従って行います。簿記の勉強ではすべて手作業で行っていたかもしれませんが、多くの会社ではそれを会計ソフトを使って行います。初めて会社の経理部で働く人は戸惑うかもしれません。使い方としては、ソフトに科目が登録されているので、該当する科目を呼び出して入力します。科目の頭文字を入力したり、コードを入力すると候補が出てくるので、その中から選ぶと入力しやすいです。借方と貸方の科目を入力したら、取引金額を入力します。さらに摘要を入力します。摘要は、その仕訳がどんな取引で起こされたかを記入します。後でチェックをするときに必要になるので、必要事項を簡潔に記入しておきます。科目で連想入力できるソフトもあります。

勤怠管理とは、出社・退社時間などの働く時間に関する決まり事を、従業員が適切に守っているかきちんと記録し、管理することを言います。